Technologyabout usTechnology

Member

羽生 雄毅

代表取締役 CEO

羽生 雄毅

2010年、University of Oxford Ph.D (化学)取得。東北大学 PD研究員、東芝研究開発センター システム技術ラボラトリーを経て、2015年10月にインテグリカルチャーを共同創業。

川島 一公

取締役CTO

川島 一公

2012年、広島大学にてPh.D (農学)を取得。Baylor College of Medicineフェロー、JSPS (DC1, PD)フェローを経て、インテグリカルチャーを共同創業。2018年4月から取締役兼CTOに就任。日本生殖内分泌学会 学術奨励賞、日本受精着床学会 世界体外受精会議記念賞、日本繁殖生物学会 学会発表賞 口頭発表部門を受賞。

井上 健太郎

執行役員CFO

井上 健太郎

2001年、早稲田大学政治経済学部卒業。国内資産運用会社勤務を経て、2011年、米国UCLAにてMBA取得。デロイト トーマツ コンサルティング等を経て、2017年アカツキに入社、幅広いコーポレート業務に従事。2020年よりインテグリカルチャーに参画。

薬師寺 秀樹

執行役員COO

薬師寺 秀樹

1999年、北海道大学大学院理学研究科終了(Mc.S)。分析機器メーカー・商社、試薬メーカーにて営業、事業開発担当ののち、複数の外資系受託サービス会社の日本法人代表取締役・カントリーマネージャー(日本・韓国)、理化学研究所にて省庁、行政などの折衝を含むコーディネーターに従事。2020年よりインテグリカルチャーに参画。

小正 瑞季

社外取締役

小正 瑞季

2008年に慶應義塾大学大学院修士課程(バイオインフォマティクス専攻)修了後、三井住友銀行に入行。2011年よりSMBC日興証券の投資銀行部に所属し、ヴァイスプレジデントとして数多くのエクイティファイナンス案件及びM&A案件に携わった経験を持つ。
リアルテックファンド 業務執行役グロースマネージャー、宇宙・ライフサイエンス担当

伊藤 毅

社外取締役

伊藤 毅

2003年に東京工業大学大学院 理工学研究科を修了(化学工学専攻)。ジャフコ入社後、産学連携投資グループ責任者としてシードステージの大学発技術シーズの事業化支援・投資活動をリードし、多数の経験と実績を有する。2014年8月にBeyond Next Ventures株式会社を創業し、代表取締役社長に就任。

前田 昌太朗

社外監査役

前田 昌太朗

2005年公認会計士2次試験合格、有限責任監査法人トーマツ入社、会計監査、IPO支援、スタートアップ・ベンチャー支援業務に従事。2015年デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社の経営管理部長、株式会社アグリメディアの執行役員管理部長を歴任した後、前田昌太朗公認会計事務所を設立。

Recruitment

インテグリカルチャーでは、
ともに細胞農業の発展を目指す人材を求めています。

Overview

会社名インテグリカルチャー株式会社
代表取締役羽生 雄毅
資本金1億円
設立年月日2015年10月23日
所在地[本店] 〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-3 7階 ※登記上の本店
[新宿オフィス(東京女子医科大学内)] 〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1 TWIns 3階 N101
[湘南事業所] 〒251-8555 神奈川県藤沢市村岡東二丁目26-1 湘南ヘルスイノベーションパーク 12-15 BW1M-2130
事業内容汎用大規模細胞培養システム "CulNet System™"を用いた有用成分、化粧品、食品、細胞培養肉の研究開発
研究不正防止ポリシー研究不正防止体制
研究不正行為防止ガイドライン
研究活動行動規範
不正行為防止計画競争的資金等の不正使用等、研究活動の不正行為を未然に防ぐための取り組みとして、最高管理責任者の下に不正の発生要因の把握、 および不正防止計画の策定・実施を図るために、コンプライアンス推進責任者を置いています。当社における不正防止計画の方針に関して、 以下の「インテグリカルチャー株式会社における研究活動の不正行為防止計画」の通り定めていることをここに表明します。
インテグリカルチャー株式会社における研究活動の不正行為防止計画
公的研究費の不正に係る通報窓口研究費の不正使用と研究活動における不正行為について、通報を受け付ける窓口を設置しております。
contact@integriculture.jp
〒162-8666 東京都新宿区河田町8番1号 TWIns3階
インテグリカルチャー株式会社
研究開発部門 宛
お取引業者様へのお願い
文部科学省所管の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」が平成26年2月18日付けで改正され、研究活動における不正行為や、研究費の不正使用を事前に防止する取組みの一環として、取引業者からの誓約書を徴取することが具体的に示されました。 つきましては、お取引業者様にも、従来とは異なる手続きをお願いする点が多々あると存じますが、引き続きご協力下さいますようお願い申し上げます。
なお、万が一当社関係者から「預け金」「架空請求」等の不正な要求があった場合は、毅然としてお断りしていただき、当社の告発窓口(contact@integriculture.jp)へご連絡下さいますようお願い申し上げます。

誓約書(お取引業者様向け)